2020年。この時期に税理士として独立するメリットはあるのか。

「こんな時期に独立なんて…」

聞こえてきそうな声ですし、多くの人がそう思うでしょう。

当然と言えば当然です。

100年に1度の事態が起きているわけですから。

それでもこんなブログタイトルを掲げて(?)、独立すると決めている私のような人も中にはいます。

デメリットの方がささやかれがちなので、独立する立場から今の時期に独立するメリットはあるのか考えてみました。

この時期に独立するメリット

結論としては、メリットはあると思っています。

何がメリットかは人それぞれなので、独立する人全てに当てはまるわけではないですが、考えようによってはいくつかメリットがあるんじゃないかなと。

オンライン対応をいち早く取り入れられる

税理士の顧問業務でオーソドックスだった対面での打合せ等が、難しくなるケースも今後増えてくると思います。

会えなくなる以上は、遅かれ早かれオンラインでの対応が必要になってきます。

なのでこれから独立して営業していく場合は、オンライン対応は必須になるでしょう。

今独立すれば、オンライン対応も取り入れて動くことが出来ます。

税理士業界の体質を考えた時に、すべての事務所や税理士が素早くオンライン対応にシフトしていくということはあまり考えられません。

オンライン対応してくれない税理士から乗り換えたいという人も出てくるかもしれませんし。

そういった中で、いち早くオンライン対応を打ち出していくことはメリットになる可能性があります。

後々ネタになる可能性が高い

こんな状況ですので、たしかに厳しいことは厳しいでしょう。

でもその分、コロナが起こる前や事態が落ち着いてから独立する場合よりも、密度の濃い経験や学べることがきっと多いんじゃないかなと。

濃い経験が出来る分、ネタに出来るような経験も増えるかもしれません。

その経験は自分を助けてくれるかもしれませんし、その発信が誰かの役に立つ可能性もあるかもしれません。

なので長い目で考えると、得られるものは多いはずです。

収束までの時間を待たなくていい

コロナが落ち着いてから独立と考えると、それがいつになるのか全く分かりません。

事態が落ち着くのを待っていても、1年、2年と時間は確実に流れます。

もちろん事態が落ち着くのを待っている間に、独立に向けての準備をより整えるということも考えられます。

それでも1年や2年という時間はあまりにも大きい気がします。

もしかしたらもっと年数がかかるかもしれません。

そう考えると1年2年を過ごすのでも、独立して同じ1年2年を過ごす経験値というのでは大きく違いが出てくると思っています。

また、オンライン対応等で先手を取るという意味では、落ち着いたころには周りも参入していて先手を取れるというメリットがないかもしれません。

コロナがあろうとなかろうと時間は変わらず過ぎていくという事は意識しておきたいです。

生き残るためのスキルが身につく

厳しい環境でしょうから、生き残るためにより必死にやっていなかなくてはならないかもしれません。

厳しい環境に置かれれば、その環境で生き残るために、なんとか生き残るためのスキルを身に着けていくのが人間です。

そう考えると、より厳しい状況で独立した方が、生き残るスキルはより磨かれるかもしれません。

サッカーの本田選手でいう「あえて」という感じでしょうか…

あえてこの環境に飛び込んで、自分を追い込んで成長させるという考えです。

この状況をどう捉えるかは自身の考え方次第

人によってはメリットとは言えなかったり、あえてこんな厳しいことしなくてもと思うかもしれません。

自分としては、こんな捉え方をすればメリットともいえるんじゃないかと考えたことです。

楽観しすぎもよくないですが、悲観しすぎもよくないかなと。

うまくバランスを取りながら、今の状況と今後を考えてみてはいかがでしょうか。

■編集後記

模様替え後、窓際でのテレワークがいい感じです。気分転換大事ですね。

■一日一新

模様替え後初テレワーク
スマホでドラクエ3