ミスとの向き合い方。ミスは記録して見返す。

ミスをしたら、メモして記録し、あとで見返すようにしています。

ケアレスミスを無くしたかった

税理士試験時代、一番悩まされていたのが、ケアレスミスでした。

模試でも、答え合わせで間違えを見つけると、内容は理解していたんだけど、なぜか間違えていたというミスが結構ありました。

・問題用紙・解答用紙への転記ミス
・数字を足し忘れる
・問題文の見落とし、ミスリード
・年月日の間違い(事業供用日とか)
・メモの書き間違い

など。

内容を理解していないうえでのミスは、単なる自分の実力不足なので納得がいくのですが、わかっていたのになぜか間違えしてしまった箇所があると、結構イライラしていました(ケアレスミスも実力ですが)。

「なんでこんな間違えするの?」と自分に腹が立っていました。

しかもケアレスミスをするところって、いつもだいたい似たような、同じようなところを間違えます。

ケアレスミスは自分の性格・癖みたいなものでしょう。

そう簡単に無くならないのかな、と感じていました。

そして、どうしたらいいか自分なりに考えて、やるようになったのが間違いノートへの記録です。

間違いノートの記録はそれなりに効果がありました。

記録して、見返す

間違いノートをつけてからは、

間違えたところを都度記録する

見返す

ということを繰り返しやっていました。

当時はアナログで、冒頭写真のような片手サイズの小さいノートに手書きでどんどん書き込んでいきました。

間違えた箇所を記録し、なぜ間違えたのかその原因を書き込み、対策まで書きました。

理解が不足していたところは自分なりに要点をまとめました。

いま見返えしてみると、相変わらず字が汚いのであまり見せられませんが、

アナログのノートでも、一目でどのページにどの項目が書いてあるかわかるように、目次をつくってノートの端に色を塗って整理してあり、それなりに工夫していたようです。

間違いノートをつけてからは、ケアレスミスをした自分にただイライラするだけではなくなり、客観的に冷静に間違いと向き合えるようになった気がします。

そして、このノートを見ておけば大丈夫という安心感も得ることが出来ました。

人それぞれミスをする箇所は異なります。

さっきも言ったようにその人の性格のようなものです。

自分だけの間違いノートを作っておけば、自分にミスはすべてそこに記録されているわけなので、それを見返せば、事前に意識することで未然に防げたり、問題を解いている最中にも気がつくことが出来ます。

一番最後のページにこんな事が書いてありました(読めなかったらごめんなさい)。

間違いノートは特に本番直前の精神安定剤としてかなりの威力を発揮します。

仕事でも同様に

間違いノートの考え方は、仕事でも同じように使えます。

仕事で言うとチェックリストという言い方になるかと思いますが、

チェックリストも言ってみれば自分の間違いリストです。

仕事でミスした箇所を記録して、リスト化して、同じミスをしないようにする。

仕事の場合は、試験と違って常に手元で見ておくことができますし。

ミスを放置しないで、記録する癖というのをつけておくと間違いも減っていきます。

■編集後記
10年近く前のノートが役に立つとは。色々思い出しました。

■一日一新
磯丸水産 サーモンいくらねぎとろ丼

■一日一曲
「夢追い虫」スピッツ
スピッツで一番好きな曲かも。