独立前の仕事は「自分が独立したらどうするか」と常に問い続ける

独立するまでの勤め時代の間は、常に「独立して自分だったらどうしただろうか」という視点で仕事をするといいと思います。

「独立したら自分はどうするか、どう判断しているだろうか」と常に考える

独立するまでは、会社という組織に属しているので、一人で仕事をするというよりは、誰かと一緒に仕事をすることが多いでしょう。

会計事務所でも、最初から最後まで一人で完結するというパターンもあるかもしれませんが、だいたいは相談する人がいたり、最終的な判断は所長や責任者が決めたりという事になると思います。

また、会社独自のルールがあれば、それに従って仕事をしていかなければいけません。

納得いかない事があっても我慢しなければいけない事も多いです。

そのような環境なので独立するまでは、なかなか自分がやりたいように自由にできない事も多いと思うので、時にはストレスになったりします。

だからこそ独立を考えるわけですが、そういう環境下でも、「自分が独立したらこうするのにな」という視点で仕事をしてみると、ただ仕事をこなすよりは遥かに自分のためになります。

例えば、3月決算であまりにも会社が多すぎで負荷がかかる状況があるとすると、自分ならなるべく月によって負荷にばらつきが出ないようにしたいとか考えるかもしれません。

マイナス面を反面教師的に考えて、自分だったらこう改善するだろうな、と考えておくと独立した時に実際にやってみてわかることがあるかもしれません。

また、反面教師的な視点だけではなく、学ぶべきところももちろんあるはずです。

・自分一人でこの税務的な判断はできただろうか
・自分一人でこのような提案は果たして思いついただろうか
・どこを切り口にこういった解決策を思いついたのだろうか

など、事務所にいる経験豊富な人の姿から学ぶべきことはたくさんあります。

独立したら自分で決めることが出来ますし、自分で決めていかなければなりません。

独立前から、独立した自分を想定して仕事をしてみると、独立後の自分の仕事のやり方がよりイメージしやすくなるはずです。

このように独立前に想定していたことを、実際に独立していざ実践した時にどう感じるか。

独立して答え合わせをしてみて、そこでまた色んなことがわかるはずです。

■編集後記
雇用調整助成金関係の相談もあり、やはり税理士は税務分野問わず頼りにされているのかなと感じました。お客様からしたらこの分野はこの専門家とかあまり意識しないだろうな、というのもあります。

■1日1新
さばのさっぱりぽん酢