環境が人間の行動を変える

やりたいこと、やるべきことに行き詰まったら環境の変化の力を利用してみるのもひとつの方法かもしれません。

写真 2020-04-20 23 46 11

環境が変わると行動も変わる

コロナの影響で、外出自粛や、密な状態を避けなければならない点から、まだ十分ではないにしろテレワーク・在宅勤務をする人、会社が増えました。

コロナ以前も、オリンピックが控えていることなどもあり、国はテレワークの導入を推進していましたが、それほど進んでいませんでした。時差通勤もそうかもしれません。

それが、このような逼迫した事態になったことで、皮肉にもテレワーク・在宅勤務を一気に推し進める形となりました。

進んで積極的にというよりも、やらなければならない状況になって、抵抗がありながらも導入した会社の方が多いのではないでしょうか。

理由は何にしても、コロナによる環境の変化が、結果的にテレワーク・在宅勤務を推し進めたのは確かです。

このように、環境の変化というのは、人の行動に大きく影響を与えます。

行動せざるを得ない環境を自分で作る

テレワークの例は、社会全体の大きな話ですが、これって個人、自分自身にもに当てはめることができます。

例えば、やらなければいけないことがあるのに、手につかなかったり、めんどくさかったりで、逃げてしまう事って結構あると思います。

そういうグダグダした状況の打開策として、自分が行動せざるを得ない環境を意図的に作ってしまうのです。

コロナは意図しない環境の変化でしたが、意図的に自分で行動せざるを得ない環境を作り、その環境に身を置いて強制的に自分自身の背中を押してしまう感じです。

環境の変化による影響力を逆手に取る感じでしょうか。

私が書き始めたこのブログも、この環境の変化の力を使おうとしたものです。

独立という大きな目標に対して、

・逃げないため
・より確かな宣言にするため
・行動するため
・自分にプレッシャーをかけるため

というような思いがあったので、ブログを始めてしまえば独立から逃げられないだろうと考えました。

ブログという環境に身を置き、独立しますと書いてしまえば、もうやるしか道はなくなるので。

自ら退路を断って、覚悟を決める…

受験勉強も、これと似たような感じで、自ら環境に制限をかけてひたすらやると自分の意思を再確認できます。

大げさに書きすぎましたが、もっと小さなことからでも良いと思います。

・集中できないからスマホの電源を切る
・テレビの電源を切る
・いつも使っている道具を変えてみる
・作業環境を変えてみる
・なにかをやめてみる

逆にもっと大きな環境の変化を求めたい人は、どんどん違う世界に飛び込んだりもいいかもしれないですね。

重い腰を上げたいときは、まず環境を変えることから始める方法も試してみてはいかがでしょうか。

環境の変化の力でも借りて、最初の扉を開いてしまえば、あとは自分で進めていけます。

■編集後記

最近テレワークの日はぽかぽか陽気で、出勤の日に限って雨が降るという事に気が付きました^^;