源泉所得税の納付額が0円でも納付書は税務署に提出しよう

源泉所得税の納付額が0円だったからといって、残念ながら何もしなくていいというわけではありません

源泉所得税の納付額が0円でも納付書は税務署に提出する必要がある

給与を支払った時や、税理士や司法書士などへ報酬を支払った時に、天引きした源泉所得税は、支払った翌月10日までに納付する必要があります。

毎月お給料を払っているところは、基本的に毎月源泉所得税を納付するという作業が発生することになります。

ただ毎月納付するのも大変なので、従業員が10人未満であれば、特例として半年に一回まとめて納付することが認められています。

税務署に申請することで、特例を使うことが出来ます。

特例の場合は、

・1月~6月の源泉所得税は、7月10日が納付期限。

・7月~12月の源泉所得税は、翌年1月20日が納付期限。

となっています。

毎月であろうが、半年に一回であろうが、預かった(天引きした)源泉所得税を集計して税務署に納めなけらばならないのですが、

集計した結果、納付額が0円になる場合があります。

そんなことあるのかな?って感じですが、

わけあって給与を払ってない会社とか、源泉所得税がかからない範囲の給与しか払ってない会社とか、年末調整で還付金が多く出た時とか、案外出てきます。

「なんだー、納付しなくていいんだー」とここでひと安心してしまいがちですが、

納付額がないからと言って何もしなくていいわけではないのです…残念ながら。

納付額が0円の納付書を税務署に提出する必要があるのです。

納付額が0円なのになんで税務署に出さなきゃいけないんだーと思ってしまいますよね。

(私もそう思います)

わざわざひと手間かけるのは面倒な感じです。

でもこれがないと、税務署側からしたら、納税額が0円だったから納付がなかったのか、それとも納付すべき源泉所得税があるにも関わらず納付してないのか、判断が付きませんよね。

だから、納付額0円の納付書を税務署に提出して、「今回は納付額はありません」とちゃんと証明してあげるのです。

でも、ついつい忘れてしまいそうですよね。

何もせず期限をすぎると、おそらく税務署からハガキか電話で連絡が来ます。

提出はe-Taxでの送信がラクです

提出方法は、源泉所得税の納付書の納付額の欄に「0」と記載して税務署に提出すればOKです。

でも納付額0円の納付書を提出するためだけに、

わざわざ納付書を用意して、0円と書いて、郵送の手間をかけるのは面倒です。

なので、e-Taxで送信して提出することをおすすめします。

電子申告でつかう利用者識別番号を取得していれば、簡単に利用できます。

電子署名も必要ないので、カードリーダーやマイナンバーカードなども不要です。

作成コーナーから、源泉所得税納付書の様式の納付額に0円と入力して、そのまま送信すれば完了です。

なるべく手間暇かけずに、さっさと終わらしてしまいましょう。

■編集後記
退職の挨拶をするととても寂しがっていただけるお客様もいて、感無量と同時に私もやっぱちょっと寂しさ感じます。出会いと別れ。

■一日一新
爽 金のパイン

■一日一曲
「プライマル。」THE YELLOW MONKEY
7月7日は解散した日でもあり、吉井さんがもう一度バンドをやろうとメンバーに伝えた日でもある(後日談あり)。解散前ラストシングルでもあり、再集結後初ライブの1曲目のナンバー。明るくも切ないグラムロック。