ブレる事を恐れない

ブレない事は大切な事ではありますが、ブレる事を必要以上に恐れすぎる事もないかなと思っています。

言いたい事、やりたい事は変わるもの

軸がぶれないようにとか、ブレない軸をもつというような言葉はよく耳にすると思います。

自分の中の信念や、核となる部分のことを言うのだと思いますが、その信念や核がはっきりしていれば、いつの時も自分の行動の指針にもなり、いろんな場面で決断もしやすくなり進むべき方向もはっきりしやすいです。

それに、自分の軸がはっきりしていれば、「自分はこういう人です」というのを外に向けても発信しやすいですし、一貫性があれば相手からもどういう人間なのか理解されやすいので、自分の軸に合う人を自然と惹きつけるようにもなります。

こういう意味でも、自分の軸が何なのかという事を自分でよく理解していた方が強みになりやすいです。

そんな自分の軸ですが、時間の経過とともに、変わっていくという事も十分にあることだと思っています。

というより、むしろそれが自然な事ではないかなと。

時間とともにいろんな事を見たり聞いたり、経験したりするわけですから。

過去と比べて今の考えが変わっていたり、今考えていることだってこの先変わっていく事もあるでしょう。

自分の軸にいつまでもこだわり続けていきたい、ブレたくないと思うのは自然な事ですが、一方であまりこだわりすぎてしまうと、かえってあまりよくない方向に行くこともあるかもしれません。

自分の軸にこだわりすぎる=ブレる事を恐れるようになって、動きを取るのが遅れたり、変化についていけなくなったり、失敗を恐れすぎたり。

そういった事に陥らないように気を付けなければいけません。

それで自分の成長が止まってしまったら元も子もなく、もったいない気がします。

自分の軸というものは、時間とともに変わっていくものとあらかじめ受け入れて、物事に柔軟に対応できる姿勢でいるという事が、大切ではないかなと思います。

ブレた自分→それが新たな軸になる

時間が経過していく中で、当初の自分の軸とはブレていってしまったとしても、それを悲観的に捉える必要もないはずです。

当初言った事と変わっていたり、やりたい事が変わったりしても、それは過去の自分を否定する事でもなく、時の流れの中で自然と自分の軸が変化していったにすぎません。

むしろその変化こそが自分の成長であり、自分の新しい軸になりうるのだと思います。

自分の軸は日々少しずつ磨きながら変わっていくものと考え、その時その時の自分の軸を大切にしていくことが大事なのかなと感じています。

それにブレたと思っていたとしても、自分の中の本当に本当の根っこの部分というのはそうそう簡単には変わらないとも思っています。

なので安心していろんな変化を受け入れ、吸収していきましょう。

■編集後記

今週の激務の疲れを休めました。

■1日1新

セブンのスープカレー