「時間があれば成果が出る」とは限らない

時間に余裕がある時よりも、限られた時間の中でやった時の方が成果が出ることもあります。

時間はあればあるほど、持て余してしまう

仕事に追われていて時間が足りないと感じる時は、当然もっと時間があったらいいのにと思うものです。

でも仕事が少し落ち着いていざ時間が出来ると、意外と持て余してしまうことってありませんか。

あんなに欲しがっていた時間に余裕ができると気も緩んでしまうのか、なんとなく過ごしてしまいます。

例えば締め切りに余裕がある時って、なんだか間延びしてしまって、逆に効率が下がってしまったりなんてことも。

それで結局、詰めが甘くなり直前にバタついたり。

時間というのはあるに越したことはないのですが、あればあるほど、うまく使うのが難しいなとつくづく実感します。

制限時間がある方が、中身が凝縮される

締め切りがギリギリになった時の、人間の集中力ってすごいですよね。

締め切りまでに何が何でも間に合わせないといけないので、何が何でもその時間までに形にして、終わらせようとします。

その時の作業というのは、時間に余裕がある時に比べて、中身がぎゅっと凝縮されているはずです。

心理的には、時間に余裕があった方がいいのでしょうが、効率性や成果の面で見ると、時間に制限があった時の方がいいものが出来たりすることが往々にしてあります。

時間がたくさんあるからといって、たくさん時間をかければいいもの・いい成果が出るという訳でもないのです。

ちょっとニュアンスが違うかもしれませんが、よくアーティストの人が、名曲に限って実は5分とか30分で作ってしまったなんて話をよく聞きます。

費やした時間と成果は必ずしも比例しないのです。

逆に言うと、時間がたくさんある時ほど、時間の使い方に気を付けないといけないのだなと思います。

時間の密度を自分でコントロールできるように

時間に制限がる方がいい成果が出ると言っても、毎回締め切りギリギリまで追い詰められてヒヤヒヤな思いをするのも嫌でしょう。

でも、ある程度は時間に制限をつけて、負荷をかけるようにして、効果を出すという事を意識したいものです。

これは自分で意識してコントロールしていくしかないかなと。

・自分で時間に制限を設ける

・時間がある時こそ、前倒しで終わらせる

・時間があるないに関わらず、毎日やることを決める

など、対策は色々とやりようがあると思います。

自分で時間に制限を設けるのは、どれだけリアリティを出せるかという問題もありますが、ちゃんとおしりは決めた方がいいでしょう。

でないとずるずるといつまでも続けてしまいますし。

限られた時間の中でやるという事は、ある意味その限られた時間の中でただ単に没頭すればいいだけ、という見方もできます。

逆に時間を持て余した時の方が、時間の使い方という面では、「どのように使うか」という事を考えなければならず、その点でいいトレーニングになるのではないでしょうか。

時間の密度も、自分で強弱がつけられるようになるといいですよね。

■編集後記
3月決算の延長の会社の対応がまだまだ。

■一日一新
とろーりたまごのペイザンヌサラダボウル

■一日一曲
「Subjective Late Show」THE YELLOW MONKEY
初期の曲。ライブでの吉井さんとエマの仮面ライダーごっこが微笑ましい。元ネタはキャンディーズの「年下の男の子」(たぶん)。